よくあるご質問

清水歯科医院に寄せられる、よくある質問をまとめて掲載しております。
お問い合わせの前に是非ご確認ください。

来院時に関するよくあるご質問

受診時は何を持っていけば良いでしょうか?
保険証は必ずお持ちください。再診の方は診察券もお願いします。
また、紹介状をお持ちの方はそちらもお持ちください。
お薬を処方されて現在お飲みになっていらっしゃる方は、お薬手帳などもお持ちください。
予約は出来ますか?
はい。当院は予約制をとっております。予約はお電話にてお取りください。
診療時間外でも可能な限りご相談に応じますので、昼休みや会社帰りの時間帯でも、
まずはお気軽にお電話ください。
※ホームページのお問い合わせフォームからのご予約は受付けておりません。予めご了承ください。
支払いの際、クレジットカードは使えますか?
現在、対応しておりません。
車で通院したいのですが、駐車場はありますか?
はい。駐車場はございます。
当院入口横には3台ほどの駐車スペースがあり、すぐ近くに別に2台ほどの駐車場もご用意しています。
急に歯が痛くなった場合、緊急で診てもらう事は出来ますか?
他の患者さんの予約状況にもよりますが、可能な限り対応させていただいておりますので、
そのような場合はまずはお電話にてご相談ください。また、診療時間外でも極力対応させていただいております。

インプラントに関するよくあるご質問

費用は総額でどのぐらいするものですか?
1本あたり前歯で30万円+かぶせ物代、奥歯で25万円+かぶせ物代くらいが目安になります。
また、残っている骨の状態でオプションの骨を作る手術代などがかかる場合もあります。
また、コストを抑えたい場合は、かぶせ物の種類を変える事により調整出来ますので、詳細についてはご来院の際にご相談ください。
保険は適用しますか?
インプラントに関しては、基本的に保険は適応しません。
インプラントの治療や手術は痛いですか?
当院で治療をされた方のお話では、術中・術後ともに痛みはなかったというのが大半です。まれにインプラントをする場合、歯茎を切らなければならないのですが、その部分が「多少しみて痛い感じがした」というお話は一部ありました。しかし、基本的にはほぼ痛みは無いと言って問題ないと思います。
インプラント後の寿命はどのくらいですか?
インプラント後の寿命については、一概には何とも言えません。これは患者さん個々の生活習慣や、術後のメンテナンス状況により多分に左右されるためです。特に喫煙なさっている方、重篤な歯周病の方、骨粗鬆病の方などは気を付けてください。
現在、当院でメンテナンスをされている患者さんで、約20年何事もなく現在もご使用になっている方がいらっしゃいますので、問題さえ起こらなければかなりの寿命があると言って良いと思います。
インプラント治療を受けたくても受けられない場合ってありますか?
場合によってはあります。一番問題となるのは骨粗鬆症薬を服用したり、過去に服用履歴がある方になります。これは数年来報告されていますが、インプラント治療を受けたり抜歯などの外科手術を行った場合、ごくまれにですが傷口の治癒不全が報告されているためです。
このような方には、医科などの診療科がある大病院を紹介いたしますので、まずはご相談ください。
また、重度の歯周病などの場合も多大なリスクを伴いますので、そのような方も慎重な判断が必要です。
インプラント後に自分で心掛けた方が良いケアってありますか?
他の歯についても同じですが、歯周病ケアが重要になります。インプラントは通常の歯と違い、歯茎とインプラントの間に病気を抑止する防御機構がありません。その為、インプラント周囲炎(インプラントにおける歯周病)が発症してしまうと、インプラントを支えている骨がどんどん無くなってしまいます。
定期的な検査・クリーニング、ご家庭での歯ブラシケアが重要です。

ホワイトニングに関するよくあるご質問

費用は総額でどのぐらいするものですか?
失活歯(神経をとってしまった歯)では約4,000円ぐらい。
生活歯のオフィスホワイトニングでは1本あたり2,000円ほど。
生活歯のホームホワイトニングでは1キットあたり22,000円、追加ジェル1本1,800円です。
保険は適用しますか?
現在、保険適応はありません。
ホワイトニングの治療や手術は痛いですか?
人により、多少歯がしみるような症状が出る事がありますが、症状を軽減する薬もありますので、それほどの痛みは伴いません。
ホワイトニング後は、歯の白さをどのくらいの期間維持出来ますか?
個々の歯の質の違いや、生活習慣によって変わりますが、オフィスホワイトニングで3〜10ヶ月程度、ホームホワイトニングではさらにもう少し長い期間白さを保つことが出来ます。
これはホームホワイトニングの場合、時間をかけて歯を白くしていく為、薬剤が歯の内部まで深く浸透しているからです。
ホワイトニングを受けたくても受けられない場合ってありますか?
以下のような方は、避けた方が良いかと思います。
・妊娠中あるいは授乳中の方
・無力タラーゼ症の方
・重篤なアレルギーがある方
ホワイトニング後に自分で心掛けた方が良いケアってありますか?
コーヒー、お茶、ワインなど着色性の強い食べ物の摂取やタバコの喫煙を避けるのが良いと思います。
歯の黄ばみの原因には、着色だけでなく加齢により色が濃くなる事や、遺伝的な問題で本来の歯の色に戻ろうとする事などがあります。半年に1度程度の割合で、後戻り防止のためのホワイトニングを行うと良いと思います。オフィスホワイトニングで1〜2回程度、ホームホワイトニングで1週間程度連続使用すれば、白さは末永く維持出来ます。

小児歯科に関するよくあるご質問

小児歯科には「何歳から何歳まで」通う事が出来るのでしょうか?
当院では特別、年齢制限はありません。
指しゃぶりが与える歯への悪影響ってありますか?
1歳〜3歳ぐらいまでのお子さんの場合、あまり神経質にならずに見守ってあげてください。
幼稚園に入る頃には他のお子さんのまねをして止めたり、見られると恥ずかしいという気持ちが芽生えてきて、徐々に直ってくると思いますので。
しかし、5歳以上の大人の歯への交換期を迎えたお子様の場合、生えてくる永久歯の歯並びに問題が出てきてしまうので、そのような場合はまずご相談ください。
大人の治療と大きく異なる点はありますか?
基本的な治療方法の違いはありませんが、年齢や性別などにより無理せず治療出来る時間に個人差があります。そのため当院では、個々にあわせた治療を行うようにしています。
どんなお子さんでも徐々に長い時間治療が出来るようになりますので、安心していらっしゃってください。
子供が怖がらずに安心して通える環境でしょうか?
当院の見解になりますが、今まで来院されたお子さんで当院が怖くて来なくなった方はいません。
確かに初めの1〜2回、怖がるお子さんはいますが、ちゃんと個々を尊重して時間をかけてあげれば、ほとんどのお子さんが自分から来院するようになってきます。治療中の様子を見学していただく事もOKですし、処置後の写真や動画などもお見せしていますので、親御さんも安心していただけると思います。