虫歯の原因は遺伝?「感染の窓」に要注意!

小さな子供が虫歯になると、親は「仕上げ磨きが足りなかったかな」「虫歯になりやすいお菓子を食べさせなければよかったかな」など、自責の念にかられることも少なくありません。

さらには「自分が虫歯を持っているから遺伝したのかな?」などと考える方もいらっしゃいます。

本当に親から子へ、虫歯は遺伝するのでしょうか?

親子間で虫歯が遺伝することはない

結論から申し上げると、虫歯は遺伝しません。
両親が虫歯だらけだったとしても、生まれたばかりの赤ちゃんも虫歯だらけだった、なんてことはないのです。

しかし、遺伝が全くの無関係かというと、一概にはそうだとは言い切れないところもあります。
親から子へ遺伝するものの中には、骨格や歯の大きさなどの体格に関連した要素が含まれます。

顎の骨格が小さい両親からは、やはり顎の骨格が小さい子供が遺伝的に生まれやすくなります。
顎の骨格が小さいと歯並びが悪くなり、磨き残しが増えやすくなるため虫歯になってしまうということは十分にありえます。

遺伝ではないなら虫歯になる要因は?

虫歯は遺伝のような先天的ではなく、「虫歯菌(ミュータンス菌)」に感染して起きる後天的なものです。
感染ルートとしてよく見られるのは、食事時の箸やスプーンなどの共有、ペットボトルなどのまわし飲み、キスなどからの唾液感染、などが挙げられます。
口腔内の虫歯菌が増えれば増えるほど、虫歯になるリスクは高まります。

唾液による虫歯菌の感染は親子間のみならず、大人同士でも起こります。
例えば、虫歯のあるパートナーとのキスからミュータンス菌に感染することは十分に起こりえるのです。

乳児の虫歯菌に感染しやすい時期に要注意

小さな子供が、特に虫歯菌に感染しやすい時期というものが存在しています。
乳歯が続々と生える時期である1歳7ヶ月から2歳半(生後19ヶ月から31ヶ月まで)までの約1年間が、虫歯に感染しやすい要注意時期です。
歯科関係者はこの期間を「感染の窓」と呼ぶほど注意を必要としています。

この「感染の窓」が開く時期に、できるだけ虫歯菌に感染しない努力を行なうことが、子供の生涯における虫歯のなりにくさを左右すると言っても過言ではありません。

親子であっても箸やスプーンは別々のものを使用する、(せめて感染の窓にあたる時期の)過剰なキスなどは控える、虫歯菌の大好物である甘いものを食べすぎない、食後は歯磨きをするなど、いつもより少し気を配ることが大切です。
親子で定期的に歯医者でクリーニングやフッ素塗布を行なうことも非常に有効です。

遺伝よりも日頃の意識と生活環境の方が、虫歯のなりやすさ、なりにくさを左右します。
ご家族全員で普段からの口腔ケアへの意識を高め、虫歯になりにくい生活を心がけましょう。