子供が安心して通える小児歯科の選び方

子供が虫歯にならないよう、普段から食事や歯磨き習慣に気を配られているご家庭は多いと思います。
近年では虫歯予防のためにフッ素塗布を行なったり、歯のクリーニングのために定期的に歯医者に通う方も増えています。

大切な子供の歯を守るためにも、歯医者は慎重に選びたいもの。
ここでは、子供が安心して通える小児歯科医院の選び方をご紹介します。

そもそも、小児歯科とは? 一般歯科と何が違うの?

小児と呼ばれる期間に厳密な決まりはありませんが、一般的には0歳から15歳(中学校卒業)までを指すことが多いようです。
16歳以降は体が成長し、大人と同じ容量の薬を飲めるようになることから、このような区切りが浸透したものと思われます。

小児歯科も歯が生え始める乳児期から、顎が成長しきる中高生くらいまでが対象となります。
乳歯と永久歯の違いや、成長期の骨格の違い、そして歯科医に対する恐怖心の大小などを考慮した治療を行う必要があるため、一般歯科(大人の治療)とは異なる対応を求められるのが「小児歯科」なのです。

小児歯科で行なってくれる治療内容

歯科医院によっても内容は異なりますが、小児歯科では虫歯治療や歯のクリーニングはもちろんのこと、虫歯や歯周病予防のための「フッ素塗布」やブラッシング(歯磨き)指導、顎の骨格や噛み合わせによる歯並びの治療(矯正)などを行なってくれます。

虫歯予防のために、歯の溝や窪みに歯科用プラスチックである「シーラント」を処置したり、すでにできてしまった虫歯の進行止め液「サホライド」を処置する病院もあります。
また、3ヶ月ごとなどの定期的な検診も行なってくれます。

学校や保育園・幼稚園で行われる定期的な歯科検診で、虫歯や不正咬合などが発見される場合もあります。
そんな時も、信頼できる小児歯科に力を入れている歯科医院をあらかじめ近所に見つけておくと慌てずにすみます。

乳歯はいつかは永久歯に生え変わるから、なんて軽く考えるのは危険です。
子供の将来の歯並びや歯の健康のためにも、正しいケアを指導してくれる歯科医院とお付き合いしたいものです。

子供が安心して通える小児歯科の見つけ方

まずはインターネットで、小児歯科に力を入れている近隣の歯科医院を探してみてください。
その他、ご近所さんや友達から口コミで教えてもらうのも、リアルな声が聞けるのでオススメです。
自宅から通いやすく、予約が取りやすい歯科医院であれば、定期的に通い続けられるため親子ともに負担が少なくすみます。診療時間・診療曜日の確認も大事なポイントになるので、事前に確認しておきましょう。

子供は「歯医者」という単語を聞くだけでも怖がる子もいます。
激しく泣いたり暴れたりしたために、治療のための椅子に座らせることもできずに帰ってきた、なんていう話も耳にします。

子供が持つ「歯医者は怖い・痛いところ」だというイメージを取り払うために無理強いせず、子供自ら口を開いて見せてくれる環境作りを根気よく行なってくれる歯科医院を探してみてください。
子供が心を許し安心して治療に臨める歯科医院の存在が、結果として子供のお口の健康を保つ心強いパートナーになってくれるはずです。

歯の衛生は一時のことではなく、何年も継続していくものになります。
子供の歯について成長に応じて、より適した治療を行なってくれる信頼できるかかりつけ歯科医院を見つけて、健やかな子供の成長を一緒に見守ってもらいましょう。