歯医者による歯のクリーニングについて

歯医者による歯のクリーニングがオススメ

現在、毎日の歯磨きとは別に、定期的に歯医者に通って歯のクリーニングを行っている人が増えています。

日々のセルフケアだけでは不十分であると感じ、キレイな歯は健康の証であり、見た目としても重要であると、歯に対する意識の高い方が多いのではないでしょうか。

そこで、歯医者による歯のクリーニングに関する情報をまとめましたので、参考にしてください。

歯のクリーニングとは

歯のクリーニングとは、歯科医師や衛生士によって、歯と歯茎の間に詰まっている歯垢や歯の表面についている汚れを、専用の機械や器具によって取り除く治療になります。

その他に歯の表面に付いた茶渋やヤニなどの色素を落として、元の歯の色に近づけることも可能です。

あまりに歯の汚れがひどいと大きな痛みを伴う場合もあるため、そのような時は麻酔が必要となります。そのため、歯の状態によってはセルフケアだけでは限界があります。

諸外国の歯のクリーニング事情

日本では「歯が痛くなった」「虫歯があるから」と問題や症状が出てから歯医者へ行く方が多く、歯のクリーニングに関しても同様の傾向があります。

一方、諸外国(特に欧米)では、歯のクリーニングのために歯医者さんへ通うのは当たり前の習慣となっています。

また、日本に次ぐ第二の長寿国であるスウェーデンの80歳の方々の歯の残存数は、日本の2倍以上となっています。

スウェーデンの人達は、定期的にクリーニングへ行く大人が80%、子供が100%の状況です。

なぜ歯科医による歯のクリーニングがオススメなのか?

定期的な来院で口腔内をチェックしてもらえる

  • 定期的に来院することで詰め物が擦り減っていないか? 初期虫歯や歯の欠けなどがないか? 自分では見ることの出来ない口腔内のチェックをしてもらえる。
  • 虫歯や歯周病になる前に、初期段階で治療してもらえる

専門器具で治療を施してもらえる

  • 自分で落としきれない歯石や歯垢を、専門器具で落としてもらえる。
  • 歯石は石のように固いため、歯ブラシでは取れない箇所の治療を歯石になる前の段階で取り除いてもらうことが出来る。

自分に合ったセルフケアを学べる

  • 歯の形状は一人ひとり異なるため、その人に合わせた歯磨きの方法を教えてくれる。
  • 磨き残しや歯が減っていないか? 今の口腔状況を見えてもらえ正しいセルフケアを学べる。

ホワイトニングの定期的メンテナンス&アドバイス

  • メンテナンスを繰り返すことで、キレイな歯に自信がついてくる。
  • 自分の好きな色やホワイトニングスピードなどのアドバイスを受けられ、痛みが出てきた場合は歯の状態のチェック、薬剤の変更などの相談が可能。

歯科医院だから出来る歯のクリーニングの種類

歯石取り

歯石取りは、歯周病治療を目的としており保険内で行える歯のクリーニングです。
スケーラーという先端がカギのような形状の器具で、歯石を削ぎ落します。

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略です。
PMTCは歯科衛生士が色々な専用器具を使って、虫歯や歯周病のリスクが高いところを清掃することで、歯の表面がツルツルになるくらいキレイにしてくれます。
基本的に保険が使えますが一部自費となり、2,000~3,000円程度で受けることが出来る診療です。

ディープスケーリング

ディープスケーリングは、深い歯周ポケットに長年こびりついた頑固な歯肉の下の硬い歯石を取り除く治療になります。1度に処置できる歯は4~6本程度なので、何度か通院する必要があります。
ただし、この治療は4mmまでの深さの歯周ポケットまでしか対応出来ません。

歯のクリーニングの必要性が高いのはこのような人

歯並びが悪い人

歯並びが悪いと、歯と歯の隙間に歯垢が残りやすく虫歯が出来やすいタイプの方が多いです。うまく磨けない部分は、定期的なクリーニングで解決しましょう。

歯磨きが苦手な人

しっかりした歯磨きが出来ないと歯垢が口の中に残るため、口臭もきつくなります。
歯石・虫歯・歯周病の原因にならないためにも、定期的なクリーニングが必要かもしれません。

喫煙者の人

タバコを吸っている人は、ヤニで歯が変色しやすくなります。
歯周病を患っている場合、悪化させる原因にもなります。歯周病予防と審美の両方から考えて、定期的なクリーニングが必要です。

歯石がつきやすく虫歯にもなりやすい子供

子供のころから、虫歯になりやすい人がいます。
歯の丈夫さは遺伝性が強いため、お子さんの歯の様子が心配でしたら歯のクリーニングで予防をすることが出来るかもしれません。

歯周病が進行して歯周ポケットが4mmを超えている人

歯周ポケットが4mmを超えている人は、少しでも早く治療やクリーニングが必要です。
あまりにひどい場合は、外科的手術を行う場合があります。