コーラを飲むと歯が溶けるのは本当?

気温が上がり暑い日が続いた時など、炭酸飲料が飲みたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

炭酸飲料の代表といえば、コーラやサイダーなどのジュース類や、ビールを含めた酒類などが挙げられます。

特にコーラは子供の頃に「飲みすぎると歯が溶けるよ」と、大人から注意された、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし実際のところ、本当にコーラを飲むと歯が溶けるのでしょうか?

コーラを飲むと歯が溶けるのは本当?

わたしたちの歯の一番外側はエナメル質で構成されています。
このエナメル質は、「酸」に触れると溶けてしまう性質を持っています。

コーラは「酸性度」が高い、つまり酸が強い飲み物で、このことから「コーラを飲むと歯が溶ける」といわれるようになったのではないかと考えられています。

酸性度は「pH」という単位で表し、この「pH」の数値が低ければ低いほど酸が強いといえます。
例えば、歯が溶け始めると言われているpHの数値は5.5以下です。それに比べてコーラの酸性度はpH2.4で、この数値はpH5.5を下回っています。

そのため、コーラを口に含み歯を一週間ほど浸けていた場合は、数値上は歯が溶けてしまう可能性は十分に考えられるのです。

しかし、実際はコーラを口に含んでから飲み込むまでの時間は数秒程度です。
そして口の中には、唾液で酸が中和される「再石灰化」という機能があり、「コーラを飲んだら直ちに歯が溶ける」ということはありません。
この事実に、少し安心した方もいらっしゃるかもしれませんね。

飲み過ぎ注意!! 酸が強い飲みもの

コーラのほかにも、日常的に口にする酸性度の高い飲み物が意外と多い事をご存知でしょうか?
ここではその中でも大人から子供まで、幅広い層が口に含む可能性が高いものを紹介します。

乳酸菌飲料

乳酸菌飲料は体の免疫力を高め、便秘の予防にも効果があるといわれています。
しかし糖分が多く含まれており、さらに酸性度がpH3~4と高めです。

お酢

お酢は体によい健康食として、日々の食事に取り入れている方も多いと思います。
しかし酸性度はpH2〜3と高めのため、健康によいからといって飲みすぎると歯へのダメージが大きくなるので注意が必要です。

スポーツドリンク

スポーツ中の水分補給や、熱中症対策で重宝されているスポーツドリンク。
風邪など体調が悪い時に飲む人も多いと思いますが、実はpHが3〜4と酸性度が高い飲料です。

ほかにはワイン、梅酒、ビール、野菜ジュース、栄養ドリンク、ドレッシング、レモンや蜜柑なども酸性度が高いといわれています。
このように、ジュースやお酒以外でも日常的に口にする飲み物や食べ物の中に、酸性度の高いものは数多く存在するのです。

酸性度が高い飲料の歯への影響を和らげるには

アメリカ・諸外国の場合

酸性度の高い飲料が、すぐに歯へ悪い影響を与えるわけではありません。
問題点は、飲む量や時間を決めずに飲み続ける事により、唾液で酸が中和される「再石灰化」の機能を邪魔してしまうことです。

特に、酸性度の高い飲み物を毎日大量に摂取すると、再石灰化の働きが追いつかなくなることも。再石灰化の働きが追いつかず、歯が溶け出してしまう症状を「酸蝕症(さんしょくしょう)」といいます。

酸性度の高い飲み物を飲んだからと、酸蝕症予防にすぐに歯を磨く事も、実は再石灰化の働きを邪魔することになってしまうのです。

そのため、酸性度が高い飲みものを、ダラダラと時間をかけて飲まず、飲んだ後はしっかりと口を水ですすぎ、一時間程度空けてから歯を磨くことが、歯への影響を和らげる第一歩になります。

酸蝕症予防のために、ストローを使って飲みものを飲むことで歯への接触を減らしたり、食後にガムを噛み唾液を分泌させて再石灰化を促すことも予防策の一つです。

そもそも、酸性度の高いものを摂取しないことがいちばんの予防策ですが、酸性度が高い飲料の中には、健康飲料や普段の生活で口にする物も多いのも事実です。
そのため、常日頃から酸性度が高い飲みものを飲んだ後はしっかりとケアをする習慣をつけておくといいでしょう。

コーラで歯が溶ける噂のもう1つの正体は糖分?

アメリカ・諸外国の場合

「コーラを飲むと歯が溶ける」といわれている理由はもう1つあります。

それは、コーラに多く含まれている糖分です。
糖分は、虫歯の原因となり、そして虫歯を進行させる菌は、歯を溶かす酸を作り出します。

またコーラや炭酸飲料に限らず、糖分を多く含んでいる飲み物を飲み続けていれば、虫歯になるリスクは当然高くなります。

このように「コーラを飲むと歯が溶ける」というのは、結果的には間違っているわけではありません。
しかし「コーラ」に限らず、条件さえあえば「歯が溶ける飲み物」になる場合もじゅうぶんにあり得ることがわかりました。
普段から酸性度の高い飲み物や糖分を含んだ飲み物を摂取した時は、アフターケアをしっかり行なうことが「歯を溶かさない」ために大事な事なのです。