第一大臼歯(6歳臼歯)は虫歯になりやすい?

第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)は永久歯の中で最初に生える大人の歯で、永久歯の中でも噛む力が最も強く、サイズも1番か2番目に大きな歯です。

これから生えてくる永久歯の歯並びを決める大切な歯でもあり、生える前に乳歯の後ろの歯茎が盛り上がり、その後歯茎を押しやぶって生え、1年から1年半かけて成長していきます。

この第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)は、他の永久歯に比べて虫歯になりやすくトラブルの多い歯と言われているため、その理由や予防法などを解説します。気になる方は是非参考にしてください。

第一大臼歯が虫歯になりやすい理由

第一大臼歯が他の永久歯に比べ虫歯になりやすい理由として、以下の事があげられます。

  • 乳歯の奥に生えているので、歯磨きが不十分になりやすい
  • 噛み合わせの溝が複雑で深め
  • 上下の歯が生え揃って噛み合うまでの約1年~1年半の間に歯垢がたまりやすい状態が続いてしまう

そして、第一大臼歯の生え始めは背が低く背の高い乳歯との段差があったり、一番奥に生えているので後ろ半分を歯茎が覆っているなどの状況があるので、歯ブラシが届きづらく丁寧なブラッシングが難しい歯です。

上記のような理由から、第一大臼歯は歯垢がたまりやすく虫歯になりやすい歯であると考えられます。

第一大臼歯は6歳臼歯と呼ばれている

第一大臼歯は6歳頃に生えてくるため「6歳臼歯」と呼ばれています。

6歳臼歯の生える時期は個人差がありますが、6歳頃に生え始め、大人になっても生え変わることはありません。

第一大臼歯を虫歯から防ぐには?

その他の歯同様に、第一大臼歯の虫歯予防でも大事なのは磨き残しの無い丁寧なブラッシングです。歯ブラシを斜めに毛先をあてながら磨くことを意識してみましょう。

噛み合わせの溝や歯茎が覆っている部分には「タフトブラシ」を使用するとうまく毛先をあてることが出来ます。
※タフトブラシとは、画像のような毛束が一つで出来ている部分歯磨き用の歯ブラシです。

10歳くらいまでは、丁寧なブラッシングと共に仕上げ磨きも継続しましょう。
子供に手鏡を持たせて、仕上げ磨きを実際に見せてあげるのも良いかもしれません。

また、歯科医院での定期健診を受けるのも、第一大臼歯を虫歯から守ることに繋がります。

気付きにくく磨きにくい第一大臼歯ですが、上記のような特徴のある歯だと意識して日々ケアしていれば、虫歯を防ぐ事は十分に可能です。