歯がキーンとしみる知覚過敏について

歯がキーンとしみる知覚過敏について

冷たい飲みものやアイスを食べて、歯がキーンとしみる、そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は歯がしみる原因の一つに「知覚過敏」という症状があります。
ここでは知覚過敏の原因や予防法をご紹介いたします。

歯の知覚過敏とは?

知覚過敏と聞くと、冷たい飲食物を口にしたとき歯がキーンとしみるような痛みを感じるイメージが強いと思います。
しかし、ほかにも刺激が強いものや甘いもの、歯ブラシの毛先が歯に触れたときや、歯が風に当たったときにも同じ症状が生じる事も知覚過敏の可能性があります。

歯の痛みが慢性的に続く虫歯とは異なり、知覚過敏は歯に刺激を受けたときだけ痛みを感じてすぐに治まることが多いため、歯医者に行かずにそのままにされる方も多いです。
しかし、痛みが強く頻繁に起こる場合は、きちんとした治療が必要です。

歯の知覚過敏はなぜ起こる?

キーンとした痛みを感じる知覚過敏はどうして起こるのでしょうか。

知覚過敏の原因は、歯の表面を覆っているエナメル質とその内側にある象牙質、象牙質の中にある象牙細管という神経が関係しています。

象牙質がエナメル質に覆われている通常の歯の状態では、冷たい飲食物や歯ブラシで歯に刺激を与えても痛みを感じることはありません。

しかし、何らかの原因によってエナメル質が剥がれたり薄くなったりすると、象牙質が歯の表面に露出し外部から受けた刺激が象牙細管を通して神経に伝わり、キーンとした痛みを感じます。

一方、象牙質が露出している状態で刺激を与えると必ず痛みを感じるということではなく、体調などによっても症状に差があるといわれています。

歯が知覚過敏になる原因

歯が知覚過敏になる原因

知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が失われ、象牙質が露出すると起こることが分かりましたが、エナメル質を失う原因にはどのようなことが挙げられるでしょうか。
ここではエナメル質を失う代表的な原因をご紹介します。

力任せに歯を磨く

歯磨きの際、硬い歯ブラシで力を込めて歯を磨くと、表面のエナメル質が削れて剥がれてしまい、内側の象牙質が露出して知覚過敏になることがあります。
一度の歯磨きでエナメル質が急に削られるわけではありませんが、毎日力任せに歯を磨いていると少しずつ剥がれてしまいます。

加齢や歯周病

加齢や歯周病の影響で歯茎が下がり、歯の根や象牙質が表面に露出して知覚過敏を起こすことがあります。
もともと歯茎に近い根元部分はエナメル質が薄く、知覚過敏が起こりやすい箇所であり、歯茎が下がることによって露出して刺激を受けやすくなります。

歯ぎしりや噛み合わせの悪さ

歯ぎしりは強い力で歯と歯が擦れ合っており、エナメル質が削られる原因になってしまいます。また、歯の噛み合わせが悪い場合も一部の歯に強い負担がかかり、エナメル質が削れてしまうことがあります。

酸性の飲食物

酸性の強い飲食物を摂取し続けることによって、徐々に歯のエナメル質が溶かされていく症状を「酸蝕歯(さんしょくし)」といいます。

酸性が強い飲食物を摂取してすぐであれば歯に影響はありませんが、過度に摂取したり長時間口に含んだりすると、口の中が酸性となり知覚過敏になりやすい状態になります。

ホワイトニングの薬剤

歯のホワイトニングで使われている薬剤が、象牙質に刺激を与えて知覚過敏を起こすことがあります。
しかし症状は一時的なもので、ホワイトニングの治療が終われば次第に落ち着いていきます。

歯石の除去

歯石の除去したあと、知覚過敏を起こすことがあります。 これは歯茎周辺を覆っていた歯石が除去されたことで、象牙質が露出したためだと考えられています。 しかし歯周病などの原因となる歯石の除去は必要なため、定期的に行なう必要があります。

虫歯の治療

虫歯の治療で削られた歯の神経が刺激や痛みに敏感になったり、歯の噛み合わせが変わって痛みを感じたりすることがあります。 この場合、時間が経つにつれて知覚過敏の症状は治まっていきますが、痛みが改善されない場合は歯医者に相談しましょう。

歯の知覚過敏を予防しよう

歯の知覚過敏を予防しよう

知覚過敏の原因は、加齢によるものや歯の治療によるものなど避けられない場合も少なくありません。
しかし日頃の習慣を見直すことで、知覚過敏になりにくい歯にすることは可能です。

優しく歯を磨く

歯のエナメル質が剥がれる原因となる、力任せの歯磨きはやめましょう。
なるべく柔らかい歯ブラシを使い、優しい力で磨くことが大切です。
正しい方法で丁寧に磨けば歯垢をしっかりと落とせるだけでなく、知覚過敏の原因にも繋がる虫歯や歯周病の予防にもなります。

酸性の飲食物に気をつける

歯のエナメル質を溶かす原因となる、酸性の飲食物の過度な摂取に注意しましょう。
酸性の飲食物はビールやコーラなどの炭酸飲料、柑橘類やお酢などの酸っぱい飲食物が挙げられます。
これらの飲食物は度が過ぎない範囲での摂取は問題ありませんが、長時間口に含むことは避け、食事が終わったらなるべく早く歯を磨くか、軽くうがいをして口に中に酸が残らないように心がけましょう。

食事はしっかりと噛む

口内には唾液の分泌によって歯の質を修復し、知覚過敏を自然に治す「再石灰化」という働きがあります。
唾液に含まれているカルシウムやリンなどが再石灰化に必要な物質ですので、食事のときはしっかりと噛んで唾液を分泌させるのを意識することが大切です。また、ガムを噛んで唾液の分泌を促すのもよいでしょう。

知覚過敏は一つの原因によって起こるわけではないため、完璧な予防方法はありません。
しかし、日々の食生活や習慣を改善し、しっかりと歯を磨き虫歯や歯周病を予防することが結果的に知覚過敏の予防にも繋がるため、継続して歯に良い習慣を続けることをおすすめします。

慢性的に歯がしみるような痛みは知覚過敏だけではなく、虫歯が進行した状態など別の原因も考えられます。 痛みが続く場合は自己判断せずに歯科医に相談するようにしましょう。