妊娠中の歯の治療について

妊娠中は、女性ホルモンのバランスの変化やつわりなどで、歯磨きが十分にできない状況があります。
急に歯茎が腫れたり、小さかった虫歯が大きくなったりしますので母子感染を防ぐために適切な治療をおすすめします。

妊娠中の女性ホルモンや唾液の変化について

つわりによる口腔清掃の不良

多くの妊婦さんが経験する「つわり」ですが、個人差があり全く感じない人もいれば吐いてばかりで脱水症状になり、点滴や入院が必要な人もいます。

歯ブラシを口に入れる、歯磨き粉の匂いをかぐというだけで吐き気がするため歯磨きどころではないといった声も聞かれます。 お腹が大きくなると、日常の動作に機敏やマメさが必要なくなります。

毎食後に歯磨きをしていた人も、回数が減ったり歯磨きの時間が短くなったりもします。 必然的にお口の衛生状態は悪化してしまうのはしょうがないかもしれません。

妊娠中の食生活の変化

つわりによって食欲が減退する人もいますが、間食の回数が増える人もいます。
妊娠中期頃には、子宮が大きくなることで胃を圧迫していきます。

一度に食べる量をちょこちょこ食べで回数が増え、だらだら食べは口の中に食べ物が入っている時間が長くなることを意味します。

今まで食べれたものが食べれなくなる、反対に苦手だったものが好きになる、異常にはまってしまう食事メニューや清涼飲料水、甘味菓子、酸味の強い食品などの変化も食生活の乱れに繋がります。

妊娠中の唾液の変化

唾液の作用は、「食べ物の消化を助ける」「口の中のカスを洗い流す」「酸性に傾いた口の中を中性に戻し、一定に保つ」「病原微生物に対抗する抗菌の力」などがあります。
唾液の量が多いほど、口の中や健康を守ります。

妊娠中は多くの方が口の渇きがあり、唾液量の減少が見られることから洗浄作用や抗菌作用が弱くなり、虫歯の原因菌に繋がりやすくなります。 一部の妊婦さんは、唾液が酸性に傾く場合があり虫歯が生じやすくなると考えられています。

妊娠中のホルモンの変化

胎児の発育に欠かせない母体の重要な変化である、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの働きが活発になります。

女性ホルモンが増えると、血管の内外で水分や物質が行き来する活動が高まるためわずかな最近増殖の刺激でも歯茎は簡単に腫れ上がってしまいます。 特にエストロゲンという女性ホルモンは、歯肉を形作る細胞を標的としており、ある特定の歯周病菌の増殖を促進します。

妊娠時に起こりやすい口腔内疾患

虫歯

虫歯はホルモン状態や生活習慣の変化などで、発症や促進を早めてしまいます。

妊娠により食事・間食など回数増加、つわりにより十分な歯磨きができず細菌が増殖し、歯垢が沈着、停滞しやすくなるため、そこから虫歯になる可能性が高くなります。

口内炎

自己免疫力、ビタミン不足、ストレスやウィルス感染など原因は様々です。
妊娠前と違うのは身体の変化だけでなく、内分泌機能や栄養バランスも変わってくるため口内炎は生じやすい上に、治りにくくなります。

妊娠性歯周炎・妊娠性歯肉炎

歯肉が増殖し赤く腫れるため、歯ブラシや食べ物があたると痛みはありませんが出血します。重い歯周病になると、炎症性の物質が血液を通してゆっくりと全身に広がります。

子宮を収縮する物質がうながされるため、早産になる原因の一つと言われています。 妊娠中のママが感染していると、胎盤を通しておなかの赤ちゃんに感染することがあります。

妊娠中に歯科治療がおこなえる時期

妊娠中の歯科治療は、妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)の安定期をおすすめいたします。

妊娠初期(3ヶ月~5ヶ月)

子供の身体の器官が形成される大切な時期です。
この時期の治療は、小さな虫歯の治療や歯石取り程度にしてください。麻酔や、レントゲン、薬などを使用しないことをおすすめします。

妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)

妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればつわりがひどくない限り、麻酔が必要な虫歯の治療や抜歯治療も可能です。
治療に最も適した時期とはいえ、無理をせず担当の医師とよく話して治療を受けてくだ

妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)

お腹でかなり大きくなり、普段の睡眠も仰向けの体勢で寝るのが辛くなります。
仰向けで治療するとお腹が圧迫されやすくなり、治療の緊張も加わると心身に負担がかかります。治療は不可能ではありませんが、早産の恐れを考えるとリスクがあるかもしれません。

麻酔について

安定期であれば、局所麻酔の使用量だと胎児への心配はほとんどないと言われています。
歯科で使用される局所麻酔薬は無痛分娩の際にも使用されるものです。 安定期中の治療で、局所麻酔を使用しないと痛みが強く治療が困難な場合は麻酔を行なう方が無難でしょう。

レントゲンについて

また、デジタルレントゲンがある診療所ですと、通常の約10分の1程度の線量で撮影が可能です。
できれば、妊娠初期の8週目までは避けてください。