不調を知らせる「口内炎」の原因や対策について

「口内炎」とは、口腔内の粘膜(頬の内側や歯茎)、唇、舌に起こる炎症の総称です。

口内炎にはいくつか種類がありますが、患部の表面が白っぽくなる「アフタ性口内炎」が一般的に最もよくみられる口内炎です。

口内炎になると、その痛みで飲食や会話をするのも辛いと感じられる方も多く、日常生活に支障が出てしまうことも。

気がついたらいつの間にかできている口内炎。
その原因と種類・症状、日常生活の中でできる予防と対策についてまとめてみました。

口内炎ができる主な原因とは?

口の中の傷への刺激

食事中に誤って口の中や唇を噛んでしまった場合や、熱い飲みものを飲んで火傷などをした際に、傷口に細菌が繁殖して口内炎ができることがあります。

免疫力の低下

普段は体の免疫が働き細菌の繁殖を抑えてくれています。
しかし、風邪をひいていたり睡眠不足や栄養不足、ストレス強度の高い生活を続けていると、体の免疫力が低下し細菌の繁殖を抑えきれずに口内炎ができることがあります。

ビタミンB不足

唾液などの粘液にはビタミンBが含まれていて、口腔内にできた傷口に入り込もうとする細菌から身を守ってくれています。
しかし、偏った食生活によって栄養バランスが崩れるとビタミンBが不足し、口内炎ができやすくなります。

睡眠不足やストレス

生活習慣が乱れ、睡眠不足やストレスが溜まる生活を続けていると、ビタミンBの消費が大きくなって口の中の免疫力が低下します。
一般的に多くの人が発症する「アフタ性口内炎」のほとんどが、睡眠不足やストレスが原因だと考えられています。

カビやウイルスの感染

カンジダなどのカビ(真菌)や、風疹(ふうしん)やヘルペスなどのウイルスの感染によって口内炎ができることがあります。
ほかには、STD(性行為感染症)、淋病、クラミジア、梅毒による口内炎があります。

口内炎の種類と症状

口内炎には、主に以下のような種類があります。

アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎です。「アフタ」とは、口の中の粘膜に表面が白くただれたできものが1、2個でき、周りが赤く腫れた状態を指します。
アフタ性口内炎は頬の内側や唇、舌や歯茎にできやすく、通常は1週間〜2週間ほどで自然治癒します。
特に若い人にできやすい傾向があります。

ウイルス性口内炎

ヘルペスや風疹(ふうしん)などのウイルスが原因となる口内炎です。
高熱や発疹を引き起こし、口腔内に複数できた水ぶくれが赤く腫れて強く痛むことがあります。
主に4歳以下の子供に多い傾向があります。

カタル性口内炎

口の粘膜が赤く腫れ、水ぶくれができる口内炎です。
炎症が強い場合は、唾液の分泌量が増えて口臭が気になることがあります。
刺激の強い食べものや熱いものを口にすると、やけつくような痛みを感じやすくなります。

カンジダ性口内炎

カンジダ菌というカビ(真菌)が原因となって発症する口内炎です。
頬の内側や舌に、白いこけ状の斑点がたくさんあらわれ、痛みはほとんどありません。
体の免疫力が低下している人や、口が乾燥していると発症しやすいといわれています。

口内炎の予防と対策

アメリカ・諸外国の場合

主に「アフタ性口内炎」に効果的な予防と対策をご紹介いたします。

生活習慣を見直す

口内炎の炎症を少しでも早く鎮めるためには、生活習慣を見直して、食生活の乱れや睡眠不足を解消し、ストレスを上手に発散できるよう心がけましょう。
心身ともにしっかり休養をとることが大切です。

うがいや歯磨きで口腔内を清潔に保つ

うがい薬でのうがいは、口腔内細菌の繁殖を抑える効果が期待できます。
さらに食後は丁寧に歯磨きをして、口腔内を清潔に保つことを心がけましょう。

患部に刺激を与えない

患部を手で触ったり、刺激のある食べ物を口にすることは避けましょう。
口内炎の治りが遅くなり、悪化する原因にもなります。

市販薬を使う

口内炎の痛みを和らげ、炎症を抑える効果が期待できます。市販薬には塗り薬やスプレー薬、内服薬があります。
薬剤師と相談の上、症状に合った薬を選びましょう。

医療機関で診察を受ける

通常の口内炎とは症状が異なる、長期間治らない、何度も再発するなど、症状が気になる方は早めに医療機関で医師に相談しましょう。
歯科医院でも口内炎の診察を行っています。

口内炎は体調不良のサイン

口内炎は体の不調を知らせるサインです。
口内炎ができたら、健康を守るためにも生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

アフタ性口内炎は1〜2週間で自然治癒しますが、症状が辛い場合は我慢せずに医療機関を早めに受診してください。

口の中を清潔に保つための定期的な歯科検診も、口内炎予防につながります。
口内炎の予防・治療にも、歯科医院を上手に利用しましょう。