歯ブラシの適切な交換時期を知ろう

歯の健康を保つために欠かせない、毎日の歯磨きで使う歯ブラシ。
みなさんはどれくらいの間隔で交換されていますか?

歯ブラシの毛が生えている部分を裏返し、毛先が広がりプラスチック部分からはみ出していたら交換の時期といわれています。約一ヶ月程度が交換時期の目安です。
「一ヶ月に一度」歯ブラシを交換すると、常に清潔な状態で歯を磨くことができます。

しかし、歯ブラシの交換は「数ヶ月に一度」という方が最も多いというデータがあります。

一ヶ月以上経過し毛先が広がってしまった歯ブラシは、実は歯を磨くどころかトラブルを引きおこす原因にもなりかねないことをご存知でしょうか。

古い歯ブラシは歯のトラブルを起こす原因にも?!

歯ブラシは毛先が広がらず揃っている状態でこそ、歯の汚れを綺麗に落とすことができます。

しかし、歯ブラシを噛んだり長く使い続けていると、毛先が徐々に広がっていきます。このような状態になると、歯ブラシの汚れをかき出す力は新品時の半分程度になってしまいます。

これは、ブラシの弾力性がなくなり、毛の方向もバラバラになっているので、毛が歯に均等に当たりにくく、綺麗に磨くことができなくなってしまうためです。結果として、毛先が広がった状態の歯ブラシで毎日歯磨きをしていても、口の中はあまり綺麗にならないのです。

さらに、汚れが十分に落ちないだけでなく、バラバラになった毛が歯茎に当たってしまい、傷つけて出血してしまうこともあります。

古い歯ブラシは、衛生面でも雑菌が繁殖し不潔な状態です。
歯の汚れをかき出す際に付いた雑菌は、歯ブラシを水で流した程度では落ちません。さらにブラシが湿ったまま保管することで、雑菌はさらに増殖します。
歯を綺麗にするはずが、口の中に雑菌を入れることになってしまいます。

毛先が広がり不衛生になってしまった古い歯ブラシは、知らず知らずのうちに口腔内のトラブルを引き起こす原因となる可能性があるのです。

歯ブラシ交換は一ヶ月に一度

前述の通り、歯ブラシの交換は一ヶ月に一度が適切な目安です。新品の歯ブラシを何本かストックしておき、歯ブラシを交換する日をあらかじめ決めておきましょう。

また、歯磨き後は、歯ブラシをしっかりと洗った後よく水分を切ってから、ブラシを上にした状態で保管しましょう。
湿ったままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなるので、お風呂場や棚の中で保管している方は、風通しの良い場所へ移動することをおすすめします。

歯磨きの仕方を見直そう

新品の歯ブラシに交換して一ヶ月も経たないうちに、毛先がすぐに広がってしまう方は、少し歯を磨く力を弱めて磨いてみましょう。歯磨きの力が強すぎるかもしれません。
また、別の作業をしながら歯磨きをしていると、無意識に歯ブラシを噛んでしまっていることがあります。心当たりのある方は、ぜひ集中して歯磨きをしてみてください。

歯磨きの仕方や力のいれ方などに不安や疑問がある方は、お近くの歯科医にご相談ください。
清潔な歯ブラシと正しい歯磨き方法は、これからも長く付き合っていく歯に良い影響を与えてくれるはずです。