要注意!親知らずは虫歯になりやすい?

「親知らず」の正式名称をご存知でしょうか?
正式名称は「第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)」。俗称で「智歯(ちし)」とも呼ばれることもあります。
歯科用語では「8番」(最前方の前歯から8番目の歯)と呼ばれます。

「大臼歯」とは奥歯のことを指し、その中でも一番奥に生えてくる歯が親知らずです。一般的に、10代後半から20代前半に一番最後に生えてくる永久歯です。

親知らずという呼び方は、「親が生え始めを知らない歯」であることが名前の由来といわれています。

親知らずは口の中のイタズラっ子?

親知らずは歯ブラシが届きにくく、汚れが十分に落とせず不潔になりやすいため、虫歯や口臭の原因になりやすいといわれています。

汚れが溜まっていると、歯茎が炎症を起こし、「智歯(ちし)周囲炎」を引き起こすこともあります。
また、親知らずの影響を受けて、隣接している歯が虫歯になることがあるため、十分注意が必要です。

親知らずは、虫歯でなくても痛みを起こすことがあります。
親知らずが生えてくるときは、一番奥の歯茎を押し上げながら生えてくるため歯茎を傷めることがあり、噛み合う歯が傷んでいる歯茎を噛んでしまって痛みが起こることがあります。

親知らずは虫歯でないのに痛みを引き起こすことがあるため、いたずらっ子のように手を焼く存在と言えるかもしれません。

親知らずを抜くメリットとデメリットを確認しよう

親知らずを抜かずに残したままにしていると、一般的にはデメリットが多く、残していてもよいことはないといわれています。
とはいえ、なるべく歯は抜かずに生活したいものですよね。

もし親知らずが上下とも正常に生えていて、きれいに噛み合っている場合は無理に抜く必要はないでしょう。

隣の奥歯が抜けてしまっている場合は、ブリッジや入れ歯の土台として親知らずを利用できるため、残しておいた方が都合がよいケースもあるといわれています。ただし、親知らずが虫歯や歯周病になっていないことが条件です。

親知らずが虫歯になってしまった場合は、一番奥の歯なので治療の手が届きにくく、治療後の手入れも困難です。治療を終えたとしても虫歯が再発する可能性があるため、隣の歯に影響を及ぼす前に抜いてしまった方がよいといわれています。

親知らずを抜く際、個人差はありますが治療後に体調が変化したり、抜歯をした傷口が痛む場合があるため、治療のタイミングやそのときの健康状態を考慮する必要があります。
また既に歯の痛みや、何らかの不調や不快感を抱えている場合は、親知らずを抜くメリットとデメリットを十分に歯科医師に確認して、治療方針を決めることをおすすめします。