キシリトールって何だろう?

最近何かとキシリトール入りという表示を食品や歯磨き粉などでよく見かけますよね。
「なんとなく良さそう!」と思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、改めてキシリトールの効果や役割について、分かりやすくご説明いたします。

キシリトールって?

苺やほうれん草などの果物や野菜にも含まれている糖アルコールの一つであり、トウモロコシの芯を加工して作られる天然甘味料です。 砂糖と同じ甘味度があるにもかかわらず、砂糖の75%のカロリーという特徴を持っています。

また、インスリンに関係なく代謝するため、糖尿病の人でも安心して使える甘味料であり、糖アルコールは小腸で消化吸収されず、血糖値の上昇を抑えるためインスリンの分泌も刺激しません。そのため、糖尿病患者の点滴用の輸液に活用もされています。

キシリトールの効果とは

<もっとも有名なのは虫歯効果!>

キシリトールを摂り入れると虫歯の原因になる「酸」を作らない上、酸を中和する作用もあります。虫歯を予防する効果を持ち、口に含むと味覚を刺激し唾液の分泌を促す働きもあります。
歯垢の量を減少させて、溶かされた歯を修復する再石灰化を促進させる効果があるため、再石化されたエナメル質は溶ける前よりも硬く、虫歯になりにくい歯になります。

世界一虫歯の少ない国として有名なフィンランドは、国をあげてキシリトールで虫歯予防に取り組んでいます。「正しいブラッシング」「フッ素入りペーストの歯磨き粉」「キシリトール」の3本を柱にすることで、予防の効果は更にあがっているそうです。

<肌の保湿効果>

肌を保湿する効果があるといわれており、近年乳液やローション・美白クリームなどに配合されています。
キシリトールを配合した化粧品は、使用時のべとつきが少ないという利点があり、保湿剤と併用することで肌荒れを防ぎ、肌を乾燥から守る効果があると言われています。

更に、肌のコラーゲン生成を促進するため、アトピー性皮膚炎の改善にも役立つのではとの研究結果も出ています。

キシリトールの副作用

前提としてキシリトールは天然成分から作られる甘味料です。世界的にも安全性が高いと専門機関も認めているため、特に摂取制限は設けられていません。
ただし、安全性は高いと判断していますが、キシリトールは下剤としての力をわずかに持っているため、過剰に摂取するとお腹を下す可能性があります。摂り過ぎには注意してください。

キシリトールの入った食べもの

  • イチゴ
  • ブロッコリー
  • チコリー
  • プラム
  • ラズベリー
  • ナス
  • レタス
  • ほうれん草…etc

キシリトールの摂取量の目安は

基本的に摂取量の制限はないのですが、摂り過ぎるとお腹を下しやすくなります。
したがって、30g以上の摂取は控えてください。

ガムで例えると1日15個程度の計算になりますが、果物や食品にも含まれていることから1日の摂取量30gを目安としてください。