舌磨きは間違っている?!舌苔(ぜったい)のケア方法

舌についた白い苔状のもの、「舌苔(ぜったい)」は口臭のもとになると言われています。
毎日の歯磨き時についでに歯ブラシでこすったり、舌ブラシでケアをしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は「舌苔は無理に取り除く必要がない」という事実をご存知でしょうか?

舌苔は自然と唾液で流されるためケアの必要ナシ!

舌の表面には味蕾(みらい)という、味覚を感じるための小さな突起が無数にあります。
この突起の隙間に食べカスや口の中の雑菌類、口の中の粘膜などが剥がれ落ちたものなどがコケとしてたまり、いわゆる舌苔となってうっすら白く見えるのです。

舌苔は口臭の原因と考えられがちですが、口の中が健康な状態であれば自然と唾液で流されていきます。
普通は誰しも一定量の舌苔は生理的に持っていて、味蕾(みらい)を守る役目も果たしています。

舌磨きをすることで舌の表面を傷つけ、かえって口の中の浄化作用を弱めたり味覚を損ねたりする場合があるため、適度な舌苔がついている程度であれば、あえて舌ブラシや歯ブラシなどで舌磨きをする必要はありません。

あまりにも舌苔がひどくこびりついている場合

舌苔が明らかにひどくこびりついている場合は、何かしらの不調が起きていることがあります。
風邪をひいている、ひどく疲れている、ストレス過多、睡眠不足、薬の副作用などにより、唾液の分泌が減った状態だと舌苔がたまりやすくなります。

また、内臓疾患があるときにも舌苔がたまりやすくなります。
びっしりとした全面に厚く舌苔がこびりついていたり、黄色、一部黒っぽく変色が見られる場合は何かしらの病気を疑っても良いかもしれません。

異常に舌苔がこびりついている場合は、口臭の原因となっている場合も。
舌が健康のバロメーターになることもあるため、普段とは違うと感じたときは、医療機関に相談してみてください。
まずは歯科・口腔外科の受診をおすすめします。

舌苔を掃除したい時は

適度な舌苔は健康上問題がないとしても、生活している中で気になってしまう場面もあるかもしれません。

舌苔は唾液で流れていくものなので、まずは唾液の分泌を意識するようにすると良いでしょう。
舌を口の上部に押し当てて、軽くこするように動かすだけでも舌苔のケアになります。

また、口呼吸をしていると口腔内が乾燥し、舌苔がこびりつきやすく落ちにくくなります。
常に舌がしめっている環境を作るためにも、口呼吸を改善することも舌苔対策には重要だと言えそうです。

何よりも、乱れた生活習慣や食生活を送っている場合は、免疫力を高めるために規則正しい生活と栄養バランスの良い食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

舌苔をきっかけに、ご自身が日々をどう過ごしているかを見直してみるのも良いかもしれませんね。