小児歯科

お子様の歯の健康のために

子供の歯の状態、きちんと見てあげていますか?
乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいため、こまめな点検が必要です。

まず、3〜4歳までは上の前歯の裏側、そして歯の間に関して注意してあげてください。他の部分はうまく磨いてあげることが出来ても、この部分の確認がおざなりになり、虫歯にしてしまう事がよくあります。

また、小さな子供はお口の中の状態をうまく説明できません。
そのような観点からも、保護者の方が定期的に見てあげることが大切です。

お子様の治療は決して慌ててはいけない

大事な事は、子どもが心を許してくれるまで一対一で信頼関係を築き上げて行く事です。

子供によっては、他の小児歯科さんの過去の対応で歯医者嫌いになってしまい、大人になっても歯医者に来ることが出来ない場合もあります。
「歯医者は怖い」「痛い場所」といった悪いイメージを、器具の説明から全てを丁寧に繰り返してあげて、子供が抱くギモンや不安が無くなるまで、続ける必要があると思います。

そのような考え方から、埼玉県飯能市にある当院の小児歯科でははじめての治療まで2〜3回かけることも多々あります。
歯を見るための小さな鏡を使う事や、物をつかむためのピンセットがある事。また、歯を洗ったり乾かしたりする鉄砲みたいな道具がある事など、大人にとっても知らない事が歯医者さんにはたくさんある事を、丁寧に伝えています。
これらの行為はもちろん、子供が抱くギモンや不安を少しでも取り除くためです。

大人とは違う子供の歯の特徴

子供の歯は最終的に大人の歯に生え替わります。
だからといって治療しなくても良いのでしょうか?それ自体は間違いです。
治療をせずにボロボロの歯のまま残しておくと、その部位から生えてくる永久歯の初期の虫歯を誘発してしまったり、永久歯の生える場所を確保する目的が達成出来なくなってしまいます。

では、大人の歯とは違う子供の歯の特徴とは何なのでしょうか?
その違いは3つあります。

  1. 大人の歯と比べて、子供の歯は質が柔らかくて虫歯の進行が早い。
  2. 虫歯の進行が早いため、痛みを感じている期間が短い。その為気づくと神経まで死んでしまっている。
  3. 歯の質が薄く柔らかいために、一度虫歯が出来ると同じような時期に虫歯が多発しやすい。

当院の小児歯科のコンセプト

埼玉県飯能市にある当院の小児歯科では、子供たちに安心感や信頼を与える事に注力しています。
子供の関心をひきつけるためにも、スタッフ一丸となって、テレビのヒーロー・ヒロインや、流行のゲーム等も日々勉強中です!これは、子供の目線で考えて、無理強いをしない環境作りを行なうためには、とても大切な事であると考えています。
当院は小児歯科に力を入れております。今後もこれまで以上にお子様が安心して通院できる環境を整えて対応してまいりますので、是非一度お気軽にご相談ください。