一般歯科(虫歯)

一般歯科とは?

一般歯科という名称をよく目にしたり耳にしたりするかと思います。
一般歯科とは、主に小児歯科、矯正歯科、口腔外科といった、特殊な歯の治療以外の「むし歯治療」「歯周病治療」「義歯の作成」など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の事を言います。
その治療の多くが保険の範囲内で行われる事が多いため、保険診療の事を「一般歯科」と呼ばれるようになってきました。

保険制度の制約

一般歯科が保険診療であると言っても、保険制度にはある程度の制約があります。例えば、同じ治療法でも治療に使用する材料等の違いによって、保険診療の範囲外になるケースもあります。
治療を受ける際に、どの様な治療法があるのか?
また、保険が使えない場合にはどの程度の金額が必要になるのか?等を確認してから治療に望まれた方が、最良の治療をスタート出来る事と思います。

虫歯の前兆について

虫歯は誰もが嫌なものです。
以下のような症状が確認できた場合は、虫歯の前兆です。その際は早めにご来院ください。

  • 水を飲んだり甘い物を食べた時にしみる
  • 食べ物が歯の同じ箇所にひっかかる
  • 歯の表面の溝が黒くなったり、欠けたり、穴が空いたりしている
  • 歯を舌でさわるとひっかかった感じがする
  • これまでにない、痛みや違和感がある

当院の虫歯治療のコンセプト

まず、虫歯の歯がどのような状況になっているかを、患者さんにもデジタルレントゲンや口腔内写真で確認してもらい、ご自身のお口の状態を知ったうえで、治療方法をしっかりと説明します。
患者さんが納得されてから、なるべく歯の質を残すように治療していきます。
虫歯や歯周病は飯能市の清水歯科医院まで、お気軽にご相談ください。