入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)について

歯が減れば、当然食べ物を食べにくくなります。
歯が少ないと食べ物を噛み砕かないまま胃に送る事になり、胃や腸などに負担がかかります。入れ歯はその力を補い、食べ物を上手く消化できるようにする役割があります。

また、前歯が無くなると声の発音まで上手く出来なくなります。
入れ歯は見た目の改善だけでなく、声の発音が上手く出来るようにする役割もあります。

入れ歯(義歯)の種類

入れ歯(義歯)には大きく分けて2つの種類があります。

  1. 一部の歯が無くなったためにその箇所に入れる「部分入れ歯」
  2. 全部の歯が無くなったためにそれを補うために入れる「総入れ歯(総義歯)」

右側の写真で説明すると、上の写真が「部分入れ歯」になります。
そして下の写真が「総入れ歯(総義歯)」です。

当院の入れ歯(義歯)のコンセプト

「噛める義歯」「外れない義歯」がモットーです。

当院では保険義歯の製作に関して、院内での製作をメインとして診療しています。
その為、義歯を不慮の事故等で無くしてしまった場合、他の医院では替えの入れ歯の準備に最低でも2週間ほどかかってしまうと思いますが、当院では院長・副院長ともに製作もしておりますので、1週間以内に新しい義歯を製作する事が可能です。
正確な製作期間に関しましては、他の患者さんの義歯の製作状況などもありますので、まずは状況等のご相談をいただければと思います。

自費による義歯は、残っている歯の本数、あごの骨の状態、どのような材質を用いて製作するかで、値段も装着感も変わってきます。そのため、入れ歯や義歯は飯能市の清水歯科医院まで、お気軽にご相談ください。

当院の入れ歯(義歯)の概算料金

保険の義歯

総入れ歯 上下それぞれ7千円程度
部分入れ歯 5千〜1万円程度
保険の義歯

自費の義歯

一部金属床義歯 7〜12万円程度
金属床義歯(コバルトクロム) 20〜25万円
金属床義歯(チタン) 30〜36万円
ノンクラスプデンチャー 7〜15万円程度
インプラント・オーバーデンチャー 40万円〜(インプラント代金1本分含む)

※残っている歯の状態などにより、金額など多少の変動があります。予めご了承ください。

自費の義歯